「聖書」カテゴリーアーカイブ

「神さまが見せる幻」

 この世の中で、自分が住んでいる国と仲の悪い国が、武力を高めるためにたくさんの武器を準備しているとき、対抗しなければならない自国はどうするでしょうか。おそらく自国の武器をたくさん買って、相手が簡単に攻め込んでこないようにと考えるのではないでしょうか。

 旧約聖書には、イスラエルと周辺の国々が何度も戦ったことが書かれています。多くは、勝った、負けたということですが、列王記下6章には、預言者エリシャがイスラエルの敵アラムを、神さまが準備された軍で追い払ったことが書かれています。
 ドタンという町にエリシャと彼の従者がいた時、イスラエル軍に神さまからの指令を伝え、イスラエル軍を有利に導いていたエリシャを捉えようと、敵アラム軍がやって来て、町を包囲しました。
 すると、エリシャは神さまに祈り、従者の目を開くようにお願いしました。神さまがその願いを聞いて、従者の目を開いたところ、通常では見えるはずのない神の軍隊が、エリシャたちを囲って守っていることが見えたのです。
 エリシャと従者の周りを、火の馬と戦車が囲んでいるのが見えました。そして、その数は敵の数よりも多かったのです。
 さて、神さまが準備された軍はその後どうしたでしょうか?敵のアラムを倒しに出陣したでしょうか?
 いいえ、そうではありませんでした。神さまは、エリシャを用いて、敵の軍を欺き、別の町へと移動させ、イスラエルと直接戦わないようにされたのです。
 その様子を見たイスラエルの王はエリシャにたずねました。
 「わたしの父よ、わたしが打ち殺しましょうか、打ち殺しましょうか」
 イスラエルの王の目に映っていたのは、敵であるアラムが神さまの計画によって追われた時、今こそ、敵を倒す機会だということでした。
 ところが、イスラエルの王から問いかけを受けたエリシャは、思いも掛けないことを話したのです。
 「打ち殺してはならない。あなたは捕虜とした者を剣と弓で打ち殺すのか。彼らにパンと水を与えて食事をさせ、彼らの主君のもとに行かせなさい。」
 神さまは、イスラエルの王に戦いを命じるのではなく、敵をもてなすための宴会を開かせ、敵が食事に満足して、国へ戻り、二度とイスラエルを攻めようとはしなかったのです。

 この話を聞いて、これは単に聖書の中だけの話しと思うでしょうか?
いいえ、今この世において、国と国が、人と人が考え方の違いから、敵対して対立し、武力で争おうと考えた時、武力を使わない解決方法があるのだということを、私たちは思い描かないといけないでしょう。
 私たち、神さまを信じる者がなすべきことは、神さまに祈り、神さまから示される解決方法。武力によらず、問題を解決する方法を願い求め、与えられた方法で和解し、神さまのみ心にかなう道に進むことが私たちに求められているのだと思います。

 多くの国が、自分たちの国のことだけを、いえ、自分のことだけを考えようとしている時こそ、神さまに解決策を求め、互いに愛し合うべき存在であることを覚えて、国と国が、人と人が共に暮らすことができる世の中を求めて行くべきではないでしょうか。
 その答えが、聖書の中にあると思います。そしてなにより、敵をも愛し、敵から十字架につけられた時でも、敵を許された主イエスの愛に私たちは、ならいたいと思います。

十字架上の七つの言葉 Ⅱ

「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」         ルカによる福音書 23章43節

 二つ目の言葉は、主イエスが十字架の上で話された言葉の中で、唯一、呼びかけに対する応答として語られた言葉です。

 主が十字架に架けられた時、二人の罪人が主の両側で共に十字架に架けられました。二人とも重い罪を犯した罪人でした。この二人が死を目前にした時、一人は主イエスがメシアであることを聞いて、主イエス自身と自分たち罪人を救えとののしりました。彼の言葉は、主イエスをまことの救い主として信じていない心から出た言葉でした。

 ところが、もう一人の罪人は、自分たちはやったことの報いを受けているが、主イエスは何も悪いことをしてない。ただ、「あたなの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言ったのです。二人目の罪人は、死を目前にして、主イエスを救い主として信じる心からこのことを言ったのです。
 すると、主イエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」と応えられました。

 罪がある者であっても、心から主イエスをメシアと信じ、告白する者には、罪を赦してくださり、主イエスと共に主なる神さまのご支配の中に迎えてくださるということ。そのことを主イエスは十字架の上で語られたのでした。

十字架上の七つの言葉 Ⅰ

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」 ルカによる福音書 23章34節

 主イエスは、十字架の上で7つの言葉を語られたと福音書は伝えています。受難週、受難日に向けてこれらのみ言葉を味わいたいと思います。

 最初の言葉は、十字架につけられたイエスさまに対し、十字架を見上げてただ立ちつづけている者、十字架の下を通り、侮蔑の言葉を上げる者。十字架の下でイエスさまの服をクジで分け合う兵士たち。これらの様子の中で語られた言葉です。
 この言葉は、今イエスさまが見ている人々だけに向けられた言葉ではありません。その当時の人々だけでなく、すべての時代のすべての人に向けて語られた言葉です。

 その言葉に込められた意味は、人の罪はどれほど重く、また、その意味を知らない人がどれほど多くいることか、と主イエスは嘆いておられるのです。
 けれども、嘆かれているだけではありません。イエスさまは大祭司としての役目を担っていると言われますが、大祭司として、すべての人の罪を赦すために、ご自身の血を流して、神さまにとりなしの祈りを献げているのです。

 そのことにより、私たちの罪が赦されるのです。私たちは、祈りの最後に、イエスさまのお名前によって祈りますと、言います。これは、十字架の上で血を流し、私たちの罪を取り成してくださった方の名によって、神さまに祈らせていただいています、ということなのです。

「目には目を、歯には歯を」の本当の意味

 「目には目を、歯には歯を」の言葉は、多くの人が知っている言葉でしょう。でも、この言葉が最初に文字として書かれているのは聖書です。そのことをみなさんは、知っておられたでしょうか? でも、その言葉の本当の意味を知っている人は、どれほどおられるのでしょうか?

 多くの人は、 この言葉を、自分の目を傷つけられたら、相手の目を傷つけてもいい。自分の歯を折られたら、相手の歯を折ってもいいと、解釈 しています。

 ところが、 この言葉の本当の意味は、古代において、目や歯を傷つけられたら、倍返しどころか、相手を殺してもいいと、悪意を増大させることをやめさせるためのいましめでした。現代は、意味の取り方が、180度違って受け取られてしまっています。

 この言葉が書かれている出エジプト記の箇所は、規則の最初に奴隷について 書かれています。そのことは、奴隷を財産としてではなく、ひとつの命として大切に扱うようにという考えからでした。古代において、奴隷を大切に扱うという考えは、他の国々の人々の価値観からするとまったく異なるとらえ方でした。けれども、それが示されているのは、イスラルの人々が、エジプトで奴隷生活を送っていたところから救い出したのが、まことの神さまだったからです。

 ここに、まことの神さまの愛が示されています。この話に興味を持たれた方は、ぜひ、私たちの宇都宮東教会へお越しください。毎週聖書を通して、神さまの愛が語られています。あなたも、神さまの愛に触れていただきたいと願います。

思いやる心

 神さまが人となられて、この世に来たイエスさま。その方が、神さまの目で見て、罪を繰り返す私たちを、どのように見ておられるのか?
 それを知ることができる出来事が、ヨハネによる福音書8章1節から11節に書かれています。

 イエスさまがエルサレム神殿で神さまのことを教えておられた時、大勢の人が、姦通の罪を犯した女性を捕らえて、イエスさまのところへ連れて来ました。姦通の罪の刑は当時、石打ちの刑と決まっていました。人々は手に手に大きな石を持っています。そして、イエスさまに尋ねました。「イエスさま、この女をどうしたらいいと思いますか?」
 実は、この問いにはわなが仕掛けれていました。
 律法に従い、この女を石打ちの刑にしなさいと言えば、人々の罪を赦してきたイエスさまの行動が疑われる。一方、この場で罪を赦すと言うと、イエスさまは律法を破った人として訴えられる。
 どちらの答えをしても、イエスさまが非難を浴び、訴えられる恐れがあったのです。

 ところが、イエスさまの行動は、予想もしないものでした。人々の問いかけや罵声に応えず、静かに地面に文字を書いていたのです。
 そして、人々の問いかけが、一層高まったとき、イエスさまは答えられました。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」
 すると、年長の者から一人、また一人とその場から離れていき、最後に捕らえられた女性一人が残されました。するとイエスさまは、だれも残っていないのをご覧になり、「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」と言われました。
 あなたは、この出来事について、どのように考えるでしょうか?

 イエスさまが、罪を犯した人のそばで、何も言わず、ただ座っておられた。今も、私たちの隣りには、神さまがおられます。そして、私たちが、神さまの方に心を向けるのを、じっと待っておられます。 
 この話しについて、興味をもたれた方、もっと詳しく知りたいと思われた方は、ぜひ、宇都宮東教会へお越しください。あなたが来てくださることを、心からお待ちいたしております。

引用した聖書は、日本聖書協会 新共同訳聖書です。