今週のみ言葉「聖霊が働いてくださる」

(かみ)(したが)(ひと)信仰(しんこう)によって()きる。」 ハバクク書 2章4節

(はじ)めから()いていたことを、(こころ)にとどめなさい。(はじ)めから()いていたことが、あなたがたの(うち)にいつもあるならば、あなたがたも御子(みこ)(うち)に、また御父(おんちち)(うち)にいつもいるでしょう。これこそ、御子(みこ)がわたしたちに約束(やくそく)された約束(やくそく)永遠(えいえん)(いのち)です。」
               ヨハネの手紙一 2章24、25節

 私たちが、神さまを信じる、信仰するとは、どういうことでしょうか?

 ありがたいもの、不思議なもの、力あるものを崇め祭るということではありません。決して変わることがない、力あるもの、信頼できるものに寄り頼み、その方の、み守りの中に入れていただきたい。ということが、「信じる」ということを表す一つの表現でしょう。そして、守られるだけでなく、この世での生命も、この世での生命が終わった後も、確かなものによって生き続けたいという願いが、「信仰する」ことではないでしょうか。

 「信仰の父」と呼ばれているアブラハムは、「アブラハムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」(創世記15:6)とあるように、主から与えられた信仰によって、義(正しい人)とされて、彼の子孫すべてが祝福を受け、神さまにつながる者とされるようになりました。  この世界を創られ、支配されている、決してゆるぐことのない方を信じることは、「信じさせていただく」ということであり、その信仰は、神さまからわたしたちに、主イエスによる十字架の恵みを通して与えられるものです。神さまが私たち人間の歴史の中に入ってきてくださり、この大きな恵みを与えてくださったことの感謝を忘れずに過ごしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です