今週のみ言葉「主の声が響く」

「わたしは勝利を告げ 大いなる救いをもたらすもの。」 
                   イザヤ書 63章1節 
「子たちよ、何か食べる物があるか」
              ヨハネによる福音書 21章5節
  
 舟の上で漁をしていたペトロたち。陸におられたイエスさまから声を掛けられました。初めは声を掛けた人がイエスさまだとは気が付かず、声を掛けられたように自分たちの仕事の続きとして網を湖に打ちました。ところが、弟子の一人から、あの人は「主だ」という言葉を聞いた途端、ペトロに掛けられていた言葉がイエスさまの言葉として心に響いてきました。すると、ペトロは自分が主イエスの裁判の夜、三度もイエスさまを知らないと言ったことを思い出し、ハッとして、あわてて上着を着て湖の中に飛び込んでしまいました。
 ペトロの行動は、気が短くおっちょこちょいの性格を表しているようですが、エデンの園で主が近づいてこられたとき、身を隠してしまったアダムとエバの様子と重なります。主の声が響くとき、わたしたちは、自分がどういう者であるかを知らされ、主を畏れる自分に気が付きます。
 会堂でも、家庭でも、礼拝を守るときはいつも、主からの呼びかけがあり、それにお応えする私たちがいなければなりません。礼拝のプログラムはそのように整えられています。 礼拝は、まず、心を静めて神さまからの呼びかけを聞くことから始まります。そして、それに応える形で、讃美歌があり、祈りがあります。また、聖書の言葉、説教の言葉を通して主が語ってくださいます。主の語りかけがペトロの心に届いたように、わたしたちの心にも響いてくるように、祈りつつ礼拝をお献げいたしましょう。
 そして、今週も主の招きと導きに従って歩む一週間でありたいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です