2020-03-29 今週のみ言葉

「そして主は彼らの救い主となられた。彼らの苦難を常に御自分の苦難とし 御前に仕える御使いによって彼らを救い 愛と憐れみをもって彼らを贖い 昔から常に 彼らを負い、彼らを担ってくださった。」            イザヤ書 63章8節b~9節 

「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」
             ヨハネによる福音書 12章24節 


 ヨハネによる福音書12章24節の言葉は、イエスさまが十字架に架けられるご自分を麦の種にたとえて話された、有名な聖句です。
 この言葉は、過ぎ越しの祭の時に礼拝するためにエルサレムに上ってきた何人かのギリシア人がイエスさまにお目にかかりたいと頼んだ時、それを取り次いだ弟子のアンデレとフィリポに向けて話されました。
 主イエスの言葉は、直接弟子だけに語られているようにも思えますが、エルサレムに来たギリシア人とは、ギリシア人であっても、ユダヤ教を信じていた人々でした。つまり、この世界を創られたまことの神さまを礼拝する人々です。
 その人々に向けても、この言葉が語られたということは、主イエスの十字架の死は、ギリシア人であっても、主なる神さまを信じる人のために、神さまがその独り子を献げてくださるということ。そして、それに続けて語られていることは、主を信じるすべての人に向けて語られた言葉でした。

 「この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」「わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。」「わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」
 十字架での受難を目前に、主イエスはわたしたちに、これから起きる出来事の意味を語ってくださったのです。この言葉に、すべての人に向けた救いが告げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です