十字架上の七つの言葉 Ⅲ

 「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。見なさい。あなたの母です。」 ヨハネによる福音書 19章26節、27節

 三つ目の言葉は、主イエスの最期を見届けるために十字架の足元で悲しむマリアと、主イエスの弟子にかけられた言葉です。

 この言葉の後に語られる言葉はすべて、ご自身が独り言のように語られる言葉になりますので、そばにいた人に語られた最後の言葉です。主がその命を神さまに献げる直前、主イエスの死によってこの世に残される母マリアのことを弟子に託すことは、私たちがこの世を去るときに、残された家族のことを、信頼できる人に託すことと重ねて見ることができるのではないでしょうか。

 主は私たち人間を、すべての人の罪を赦すために、たった一人苦しみを受け、十字架にかけられました。けれども、一人で担われた苦しみをただ嘆くだけでなく、残された人々に向けて、最後まで主の愛を注いでくださったことは、私たちに神さまの愛を知らせるものです。そして、その愛に私たちが希望を持って期待することができるという、神さまの愛の大きな恵みではないでしょうか。

 ゴルゴタの丘の上で、ある人は、主の十字架を見上げて、自分を救うこともできないメシア(救い主)だと、罵りましたが、罵られても、その相手を罵り返さず、最後まで私たちを、そして、親しい人にも愛を注ぎ続けてくださったこの方が、私たちのまことの救い主なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です