思いやる心

 神さまが人となられて、この世に来たイエスさま。その方が、神さまの目で見て、罪を繰り返す私たちを、どのように見ておられるのか?
 それを知ることができる出来事が、ヨハネによる福音書8章1節から11節に書かれています。

 イエスさまがエルサレム神殿で神さまのことを教えておられた時、大勢の人が、姦通の罪を犯した女性を捕らえて、イエスさまのところへ連れて来ました。姦通の罪の刑は当時、石打ちの刑と決まっていました。人々は手に手に大きな石を持っています。そして、イエスさまに尋ねました。「イエスさま、この女をどうしたらいいと思いますか?」
 実は、この問いにはわなが仕掛けれていました。
 律法に従い、この女を石打ちの刑にしなさいと言えば、人々の罪を赦してきたイエスさまの行動が疑われる。一方、この場で罪を赦すと言うと、イエスさまは律法を破った人として訴えられる。
 どちらの答えをしても、イエスさまが非難を浴び、訴えられる恐れがあったのです。

 ところが、イエスさまの行動は、予想もしないものでした。人々の問いかけや罵声に応えず、静かに地面に文字を書いていたのです。
 そして、人々の問いかけが、一層高まったとき、イエスさまは答えられました。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」
 すると、年長の者から一人、また一人とその場から離れていき、最後に捕らえられた女性一人が残されました。するとイエスさまは、だれも残っていないのをご覧になり、「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」と言われました。
 あなたは、この出来事について、どのように考えるでしょうか?

 イエスさまが、罪を犯した人のそばで、何も言わず、ただ座っておられた。今も、私たちの隣りには、神さまがおられます。そして、私たちが、神さまの方に心を向けるのを、じっと待っておられます。 
 この話しについて、興味をもたれた方、もっと詳しく知りたいと思われた方は、ぜひ、宇都宮東教会へお越しください。あなたが来てくださることを、心からお待ちいたしております。

引用した聖書は、日本聖書協会 新共同訳聖書です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です